同人サークル The Nation of Head Scissors は”Girls Beat! ぷらす vsマリ”を 2021年10月05日 付けで発売を開始

Girls Beat! ぷらす vsマリ
同人誌のサークル The Nation of Head Scissors は、2021年10月05日 付けで同サークルが制作した"Girls Beat! ぷらす vsマリ"の発売を開始いたしました。

商品のサンプルやダウンロードは >>各取扱店舗へ

作品タイトル:Girls Beat! ぷらす vsマリ
発売日:2021年10月05日
パッケージ参考画像

サークル名:The Nation of Head Scissors
シリーズ:Girls Beat
参考資料:成人向け 男性向け 言葉責め バイオレンス 拷問 スカトロ SM アクション・格闘

作品紹介記事


激臭!スカトロバトルファック!!!*本編には一部過激なスカトロ描写が含まれています*【概要】コウタはバトルファックルールで、マリに試合を申し込んだ。試合を承諾したマリは、コウタとの試合を存分に楽しむため、一ヶ月間熟成した激臭靴下や、毎晩1人エッチに使用したパンツを用意する。そして試合当日、彼女はとっておきの「料理」をコウタに食べさせる為、徹底的にコウタを嫐る・・・コウタの運命は・・・【登場人物】コウタ:Beat!に所属する最年少クラスのレスラー。まだ格闘技を始めて1年程度であるが、運動神経が良く、飲み込みも早い為、期待されている。今回はバトルファックルールで、マリに対戦を申し込む。マリ:南辰流古武術道場の元門下生。南辰流古武術の絞め技や関節技を完璧に体得しており、打撃攻撃は得意ではないものの、それが弱点にならない程の実力を持っている天才少女。南辰流古武術を脱退し、腕試しで「Beat!」に参加している。脚を使った絞め技を非常に得意としており、南辰流古武術の絞め技を始め、総合格闘技やプロレスなどで使用される技も体得している。見かけによらず、とても好戦的な性格で、自分に敗北した者を便器にして辱める癖がある。【用語解説】Beat!: 格闘家同士を引き合わせるマッチングサイト。男性格闘家は高額な登録料が掛かるが、女性格闘家は無料で使用する事が出来る。独自のAI技術を使い、自身と同程度の実力を持つ格闘家を紹介してくれ、対戦場所の提供まで行ってくれる。男性側から対戦相手を選ぶ事は出来ないが、女性側から相手を指名するシステムがある事や、男女格闘戦となった場合、女性側に対戦条件を決める権限があるため、やや女性優位の設計になっている。運営主は、「タナトス」と呼ばれる女子プロレス団体。本編18ページ+表紙1ページ【制作陣】・イラストトッポギ様・企画・脚本・原案The Nation of Head Scissors
参考ダウンロード 価格:616円



Girls Beat! ぷらす vsマリ 取扱販売店は >>コチラ

サンプル画像

Girls Beat! ぷらす vsマリ
WEB SERVICE BY DMM.com
コミック同人誌
美少女ゲーム・同人誌のプレスリリースならアニメプレスリリース
タイトルとURLをコピーしました