同人サークル プラム宝玉堂 は”エネマプリンセス ~黄金の祭壇~ 【第3巻】”を 2021年05月29日 付けで発売を開始

エネマプリンセス ~黄金の祭壇~ 【第3巻】
同人誌のサークル プラム宝玉堂 は、2021年05月29日 付けで同サークルが制作した"エネマプリンセス ~黄金の祭壇~ 【第3巻】"の発売を開始いたしました。

商品のサンプルやダウンロードは >>各取扱店舗へ

作品タイトル:エネマプリンセス ~黄金の祭壇~ 【第3巻】
発売日:2021年05月29日
パッケージ参考画像

サークル名:プラム宝玉堂
シリーズ:エネマプリンセス ~黄金の祭壇~
参考資料:ファンタジー 拘束 辱め お姫様 SM スカトロ 監禁 浣腸 縛り・緊縛 拷問 男性向け 成人向け

作品紹介記事


【イラストノベル】エネマプリンセス ~黄金の祭壇~第3巻 ドナ神の祭壇編--------------------------------------------------国の命運を握るというエヌマ七神に供物を捧げるため、それぞれの神が座するという「黄金の祭壇」を目指し側近とともに巡礼の旅をすることになったクリムエール姫。【エヌマ七神】エヌマ七神との契約により繁栄したノズアイル城。王家には代々美しき姫がひとりしか産まれないこと。姫が二十歳になったところで各地にある神殿に巡礼させること。そのふたつを条件にして守られ続けている栄華。【ゴア七神】しかし。さらに栄えようと欲を出した先代の王「ヴァイス・ショコラ」は、ゴア七神と総称される邪神たちと契約を交わしてしまった。ゴア七神達は言った。貴様、エヌマ七神とも契約を交わしているな。欲深い王め。ならば我々への供物は、二十歳になった姫の臓器とせよ。【臓器を奪われた姫】当時の姫「クラーカ・ショコラ」は臓器をすべて失う二十歳前に、美し姫「クリムエール・ショコラ」を身籠った。【巡礼、そして討伐の旅へ】二十歳になったクリムエールは、各地より募った腕利きの精鋭を連れ、ゴア七神を討伐する旅へと向かった。【いやらしい儀式】姫、女戦士、司祭、魔道士。黄金の祭壇の中心に、羞恥のなか捻り出された4人の乙女の「排泄物」を供物として捧げることが儀式の形式だという。姫は恥辱に喘ぎ、供物を捻りださなくてはならず。各地から集められた側近を務める美女たちも、顔を真っ赤に染めながらそれを行う……。--------------------------------------------------作:プラム宝玉堂挿絵:天破蜜柑総数121ページ※実際の人物、団体名等は架空のものです。本の内容とは一切関係ありません。
参考ダウンロード 価格:440円



エネマプリンセス ~黄金の祭壇~ 【第3巻】 取扱販売店は >>コチラ

サンプル画像

エネマプリンセス ~黄金の祭壇~ 【第3巻】
WEB SERVICE BY DMM.com
コミック同人誌
美少女ゲーム・同人誌のプレスリリースならアニメプレスリリース
タイトルとURLをコピーしました