同人サークル scottsoft は”サキュバスの卵を拾ったのであの子を襲ってみた”を 2020年03月20日 付けで発売を開始

サキュバスの卵を拾ったのであの子を襲ってみた

同人誌のサークル scottsoft
は、2020年03月20日 付けで同サークルが制作した"サキュバスの卵を拾ったのであの子を襲ってみた"の発売を開始いたしました。

商品のサンプルやダウンロードは >>各取扱店舗へ

作品タイトル:サキュバスの卵を拾ったのであの子を襲ってみた
発売日:2020年03月20日
パッケージ参考画像


サークル名:scottsoft
参考資料:成人向け 男性向け 人外娘・モンスター娘 ロールプレイング 憑依

作品紹介記事

淫乱モンスター『サキュバス』の卵を拾った現代世界の少年。この卵からかえった幼生の力(エロ精神攻撃)を利用して女の子を襲っちゃおう!■ストーリー清掃のバイトで上がったスカイツリーのてっぺん。汚れだと思って除去した謎の塊は、何かの生物の卵だった。普通ならさっさと捨ててしまうのに、この時はなぜか、この卵を育ててみようと思った。思えば、この時からすでに俺も、魅了されていたのかもしれない。「なんだ…この生き物…!?」孵化した謎の生き物は、既に羽が生えていて、羽化していた。フワフワと外に飛んで行ったと思えば、道行く女性に攻撃を仕掛けた。が、まだまだ幼体で殺傷力はなく、ひたすらに女性の服をはぎ、性器を責め立てる。どうも蛾に近い生き物らしく、何かを食べるような口はない。成虫の蛾と同じように、何も食べずに死ぬまで活動する生き物のようだ。恐ろしくてそのまま放置しようとしたんだが、俺を親だと思い込んだらしく、きっちり家までついてくる。しかもいつまでも飢え死にしない。どころかエロイことをすればするほど成長していく。「…さ、サキュバス…?」本能的にそう思った。俺も俺で、この生き物の親としての自覚が芽生えていた。「…だったら、しっかり色欲を食わせてやるよ。俺が、女のいそうな場所に連れてってやる。お前も、俺にいい思いさせてくれよな!」この時、初めてこの奇妙な生き物との利害が一致し、心が通った気がした。エロは万国共通というが、種族間の隔たりも越えるらしい。■ゲームの特徴と進行淫乱モンスター『サキュバス』の卵を拾った現代世界の少年。この卵からかえった幼生の力(エロ精神攻撃)を利用していろいろな女の子を襲うゲームです。(サキュバスによる状態異常攻撃について)状態異常攻撃 1媚薬鱗粉 :吸引すると催淫作用を引き起こす鱗粉(MAXになると絶頂する) 2糸を吐く :繭用の糸を使って相手を緊縛する(動きを封じる) 3触覚でくすぐる :性感帯を察知して刺激する(相手の弱点が分かる) 4ワーム召喚 :小さなワーム状の生き物を出して這わせる(相手の攻撃力を下げる) 5溶解液 :服の繊維を溶かす体液を吐き出す(相手の防御力を下げる)通常攻撃 1低空飛行 2羽で服を切り裂く 3風を起こす 4胸を持ち上げる女の子達は戦闘中に、状態異常攻撃により欲望してひっそりと絶頂したり愛液が大量に放出したりしてしまいます。最終的に屈服させて極淫乱化ビッチとなった相手とエッチしちゃいましょう!
参考ダウンロード 価格:704円

サキュバスの卵を拾ったのであの子を襲ってみた 取扱販売店は >>コチラ

サンプル画像

サキュバスの卵を拾ったのであの子を襲ってみた


WEB SERVICE BY DMM.com
タイトルとURLをコピーしました